kaiといろいろ

たまに書いています

みんな同人音楽やめてしまった

中学生のころにDTMを始めて、なんやかんや2年前か3年前ぐらいまで東方アレンジのCDを作ったりしていたのですが、その頃に出来たDTMerの知り合いの大半がDTM辞めてしまった気がする。

自分もめっきり曲を作らなくなりましたが、なんでやめたかというのを書き出してみると、

・心身への負荷がやばいのに1曲完成してもなんかやるせない気持ちになる

・イベント前は印刷所とかの〆切に追われる

・とにかく向いてない

みたいなところがあって、他の人はどうなのかはわかりませんけど続けにくい趣味だなとつくづく思います。知り合いのごく一部のDTMに向いていた人たちは音楽を仕事にしているのでこれはやはり生まれ持った向き不向きだと思う。

あとCD1枚完成させてイベントで売るみたいなのは結構時間がかかる作業で、就職とか結婚で続けられなくなるというのはあると思う。普通に社会人しながらちゃんとしたCD作っている人とかはリリース前には不眠不休みたいになっていたのでやはり面倒くさい趣味には違いないです。

DTMきっかけの知り合いとは今でも交遊関係が続いているので、知り合いづくりのツールとしてはよかったかもしれない。一緒にアイドルのライブ見に行ったりしています。

今やったら案外曲作れるようになったりしてるんじゃないかみたいなことを3ヵ月に1回ぐらい思うんですが、やっぱりそんなことはないしもうDTMに耐えられない体になってしまった。